小田原市 ひもの屋 半兵衛2号店

できたて干物がリーズナブル!

2016年3月にオープンした
「ひもの屋 半兵衛」2号店

小田原漁港近くに店を構える「ひもの屋 半兵衛」の2号店が、小田原総合ビジネス高等学校向かいに2016年3月24日に開店したと聞いて訪ねてみました。

「ひもの屋 半兵衛」2号店

「ひもの屋 半兵衛」2号店

ひもの屋半兵衛2号店内

明るい雰囲気の店内。開店祝いのお花がたくさん


「ひもの屋 半兵衛」の創業は大正末期。一代目、椙崎半兵衛(すぎざきはんべえ)氏が東京で鮮魚店、大半商店を開業し、その後小田原に移り住み、小田原特産のアジやカマスで干物作りを始めたといいます。

「ひもの屋 半兵衛」では店舗の裏側に干物製造所があり、冷凍品ではない作りたての干物を購入することができます。

ひもの屋半兵衛 干物

隣接した干物製造所で作られた干物

ひもの屋半兵衛 店長と湯種

「ひもの屋 半兵衛」2号店の店長の椙崎晃久さん(右)にお話しを伺う井伊湯種


「ひもの屋 半兵衛」の干物は、毎朝、小田原魚市場で仕入れた新鮮な魚を干物製造所で選別・開き・洗い・塩漬け・乾燥という工程を経てできあがります。美味しさの秘密は素材や丁寧な手作業はもちろん、塩漬けに専用の塩汁(しょっつる)を用い、浜風を再現した低温で乾燥させること。

2号店の干物製造所はガラス張りになっていて、誰でも自由に作業の様子を見学できます。

ひもの屋半兵衛2号店製造所

ガラス越しに干物作りの工程を見学できる2号店の裏にある干物製造所。12:00〜13:00はお昼休み。干物作りは14:00〜15:00には終了することが多いそう


取材当日のおすすめは、できたてのサンマやサバの味醂干し、アジの干物など。実際にサンマとサバの味醂干しを購入して家で食べてみましたが、とても脂がのっていて美味しかったです。冷凍しないと、味がこんなにも濃厚なのかと思いました。味わい深い作りたての干物がリーズナブルな価格で買えるのもうれしいですね。

ひもの屋半兵衛 作りたて干物

できたて干物は超おすすめ!


店の奥に置かれた「訳あり干物」も大人気だそうで、干物がギッシリ入って1パック400円です! 規定外のサイズだったり、製造工程中にキズが付いたものを「訳あり干物」として販売していますが、味は絶品。そのため、これを目当てに遠方から訪れる人もいるそうです。

ひもの屋半兵衛 訳あり干物

大人気の「訳あり干物」

ひもの屋半兵衛 井伊湯種

「訳あり干物」に目が釘付けの井伊湯種


ただし、「訳あり干物」はいつでもあるわけではないので、確実に手に入れたい時は事前のお問い合わせを。

また、半兵衛オリジナル「小田原アンチョビ」は相模湾で獲れたイワシを開き、食用オリーブ油、塩だけで作った自家製アンチョビです。同様の作り方でカマスを使った「小田原カマッチョ」、アジを使った「小田原アジッチョ」、サバを使った、「小田原サバッチョ」という商品もあり、とてもめずらしいと思いました。作り始めてから完成までにとても時間がかかるそうで、お土産にも喜ばれるこだわりの逸品です。

ひもの屋半兵衛 自家製商品

左から半兵衛オリジナル「小田原サバッチョ」、「小田原カマッチョ」「小田原アンチョビ」「小田原アジッチョ」。各580円


店内には干物を中心にさまざまな海産物があり、どれも美味しそう。ついついお土産をたくさん買ってしまった湯種でした。
ひもの屋半兵衛 販売商品ひもの屋半兵衛 おつまみ
美味しい干物が食べたくなったら、ぜひ小田原の「ひもの屋 半兵衛」に立ち寄ってみてください。

より大きな地図で 温泉グルメ探訪 を表示

  • 小田原市 ひもの屋 半兵衛2号店
  • 住所

    神奈川県小田原市東町5-14-12

    TEL

    0465-35-8558

    営業時間

    11:00〜16:30

    定休日

    不定休 1月1日はお休み

    アクセス

    小田原駅より車で約10分(国道1号線沿い、小田原総合ビジネス高等学校の向かい)

    駐車場

    あり

    HP

    http://himohan.com
    ※インターネット販売もあり

    facebook

    https://www.facebook.com/ひもの屋半兵衛-825803674109664/

    取材時

    2016年3月

ジャンルで絞り込む