熱海温泉 湯宿一番地

レトロ・モダンな雰囲気の中、自家源泉かけ流しを楽しむ

旅館は生まれ変わっても湯遣いは当時のまま!

R熱海駅より徒歩3分のところに立地し、平成25年7月にリニューアル・オープンした「熱海温泉 湯宿一番地」。旧名は「志ほみや旅館」で、昭和21年に創業した老舗旅館です。駅前で熱海温泉が楽しめる湯宿として、親しまれてきました。

お風呂は大浴場の「芭蕉の湯」と「紅葉の湯」(夜7時に男女入れ替え)をはじめ、貸切露天風呂が2つあります。リニューアルされた大浴場は古き良き部分を残しつつ、湯遣いも当時のまま。2本の自家源泉を用いた良質の熱海温泉をかけ流しで満喫できます。

「芭蕉の湯」の内湯はツートンカラーの壁とレトロな壁画が印象的です。壁画は昭和35年頃のもので、当時はタイル職人による壁画が流行していたそうです。御影石をあしらった、開放的な露天風呂からは海と街並を見下ろすことができます。

湯宿一番地「芭蕉の湯」

レトロな壁画が印象的な「芭蕉の湯」

湯宿一番地 壁画

壁画

湯宿一番地「芭蕉の湯」露天風呂

開放感あふれる「芭蕉の湯」露天風呂

「紅葉の湯」の内湯もレンガを使った昔ながらの内装を活かし、レトロな雰囲気。露天風呂は伊豆石をぜいたくに積み上げた岩風呂で、独特の肌触りが楽しめます。

湯宿一番地「紅葉の湯」

「紅葉の湯」はレンガを使った内装が素敵

湯宿一番地「紅葉の湯」露天風呂

「紅葉の湯」露天風呂。奥にもう一つ露天風呂がある

お湯の泉質はカルシウム・ナトリウム-塩化物泉。湯冷めしにくく塩分が多い源泉で、アルカリ性のお湯が肌をしっとりさせると女性に人気だとか。源泉は71.7℃のため、加水することもあるそうです。熱海駅からも近く、日帰り入浴もできますので、気軽に立寄ってみてください。

温泉は満喫したものの心残りが一つ。旧志ほみや旅館時代に訪れた時にあった隣のボーリング場(志ほみやボウル)が今年3月末にクローズされたことを残念に思う湯種でした。

より大きな地図で 温泉グルメ探訪 を表示

  • 熱海温泉 湯宿一番地
  • 住所

    静岡県熱海市春日町1-2

    電話

    0557-81-3651

    宿泊料金

    平日1室大人2名利用での1名/12,800円~
    入湯税・駐車料金別

    日帰り温泉

    入浴時間:13:00~17:30
    入浴料:1,400円(タオルは用意されています)

    泉質

    カルシウム・ナトリウム-塩化物泉

    pH値

    7.7

    駐車場

    あり

    HP

    http://www.yuyado-ichibanchi.jp/

    取材時

    2014年4月

ジャンルで絞り込む