修善寺温泉 独鈷の湯

修善寺温泉のシンボルで
弘法大師ゆかりの伊豆最古の温泉

入浴はできませんが、霊泉を足湯で楽しめます!

伊豆最古の温泉と言われている「独鈷の湯(とっこのゆ)」。

大同2年(807年)に弘法大師が修善寺を訪れた時、桂川で病父を洗う少年の姿を見て「川の水では冷たかろう」と、手に持った独鈷杵(どっこしょ)という仏具で川中の岩を打ち砕き、霊泉を噴出させたと言われています。大師が父子に温泉療法を教えたところ、父の十数年来の疾病が平癒。この後、この地方に湯治療養が広まり、修善寺温泉が始まったといいます。

独鈷の湯(とっこのゆ)

河原(桂川)の中にある独鈷(とっこ)の湯


修善寺温泉のシンボルとして、多くの観光客で賑わう「独鈷の湯」は、洪水の危険から川幅の広い19メートル下流に移され、2009年7月に復活しました。
現在は観光施設として管理され、入浴はできませんが、足湯を楽しむことができます。

弘法大師ゆかりの霊泉に浸かり、もの思いにふける湯種でした。

独鈷の湯 足湯

弘法大師ゆかりの足湯を満喫

より大きな地図で 温泉グルメ探訪 を表示

  • 修善寺温泉 独鈷の湯
  • 住所

    静岡県伊豆市修善寺

    電話

    0558-72-2501(伊豆市観光協会修善寺支部)

    料金

    無料

    泉質

    アルカリ性単純温泉

    駐車場

    なし 近くに有料駐車場あり

    取材時

    2013年4月

ジャンルで絞り込む