温泉グルメ探訪TOP > 湯種Pick Up > 安田屋旅館 三津浜・湯の花温泉 沼津市

安田屋旅館 三津浜・湯の花温泉 沼津市

太宰治ゆかりの国登録有形文化財の宿

アニメ「ラブライブ! サンシャイン!!」の聖地としても人気

静岡県沼津市南部に位置し、風光明媚(ふうこうめいび)な三津浜(みとはま)にある「安田屋旅館(やすだやりょかん)」は、国の登録有形文化財に指定されている老舗旅館。目の前には三津海水浴場、伊豆・三津シーパラダイスへは徒歩1分ほど、淡島と駿河湾越しに見える富士山など、美しい景観やレジャーを楽しめるロケーションにあります。

安田屋旅館全景

安田屋旅館全景


安田屋旅館の創業は明治20年(1887年)。もともとは商人を泊める宿だったそうです。大正7年(1918年)に木造2階建ての松棟が建設され、昭和6年(1931年)に月棟が増築されました。

建物は3つの屋根が空飛ぶ雁の列のように食い違いに斜めに並ぶ「雁行型(がんこうがた)」に造られ、手前の2棟が松棟、奥が月棟です。松棟・月棟は平成12年(2000年)に、国の登録有形文化財に指定されました。

安田屋旅館 文化財

国の登録有形文化財に指定されている松棟と月棟


安田屋旅館玄関

玄関


風情のある玄関に入ると、木の温もりがするレトロな空間が広がっていました。館内は障子や欄干などの意匠に建築家のこだわりが感じられる数寄屋造り風になっています。

安田屋旅館 館内

レトロな館内


安田屋旅館 ラウンジ

ロビー。奥に見えるのがフロント


今回、宿泊取材で安田屋旅館を訪れた井伊湯種(いいゆだね)は、チェックイン後、ロビー奥の「らうんじ お伽草子」でお茶と季節のお菓子をいただきました。和風のラウンジはゆったりとくつろげる雰囲気。天井の意匠やクラシカルな照明が素敵です。

ラウンジ

らうんじ お伽草子


お茶とお菓子

ラウンジでいただいたお茶とお菓子


館内は畳敷きになっていて、とてもリラックスできます。

畳廊下

畳廊下。天井の意匠も見事


安田屋旅館は作家の太宰治が「斜陽」を執筆した宿として知られています。玄関前には「斜陽」を記念し、その1節が記された文学碑が建てられ、館内には太宰治の資料や書籍を展示した「伊豆文庫」が設けられています。

太宰治の文学碑

太宰治の文学碑


「伊豆文庫」入口

中庭に面した「伊豆文庫」入口


安田屋旅館 伊豆文庫

太宰治の資料や書籍を展示した「伊豆文庫」


安田屋旅館 斜陽

安田屋旅館で執筆された小説「斜陽」


太宰治は昭和22年(1947年)の2月上旬から半月ほど、安田屋旅館に滞在し、松棟2階の「月見草(旧名・松の弐)の間」で「斜陽」の第一章と第二章を執筆しました。「月見草の間」は回り廊下のある10畳の間取りで、三津浜や富士山を見渡せる眺めのいい客室です。現在も大正時代に建てられた当時の姿を残しており、実際に泊まることができます。

松棟の1階と2階をつなぐ、見事な螺旋階段も大正時代のものです。松棟2階「月見草の間」に滞在した太宰治が踏みしめたと思うと、感慨深いものがあります

安田屋旅館 螺旋階段

松棟の螺旋階段


こちらは上記の螺旋階段を2階から撮影したものです。上から見ると、ますます急勾配で迫力がありました。

上から見た螺旋階段

2階から撮影した螺旋階段


平成9年(1997年)に浴室棟や厨房等など、昔ながらの雰囲気を壊さないように館内をリニューアルしたそうです。レトロな調度品なども印象的でした。

安田屋旅館 箪笥

左に置かれているのは幕末期に製作された仙台箪笥


洗面台と鏡が

レトロな洗面台と鏡が素敵


安田屋旅館の客室数は15。海側と山側の客室があり、すべて純和風の客室で古き良き時代の面影が残っています。

湯種が宿泊したのは昭和初期に建てられた月棟です。手入れが行き届いた階段も立派でした。

月棟の階段

月棟の階段


湯種が宿泊した2階の客室は海側に面していて、三津浜が眺められます。6畳の次の間に12畳の和室、2畳ほどの化粧の間、そして広縁がついていて、ゆったりとした間取りでした。

月棟の客室「葵」

月棟の客室「葵」


窓から見えるのは三津浜の海と淡島。天気に恵まれた日には淡島越しに富士山が眺められます。こうした客室で景色を楽しみながら、ボーッとしていると、とてもリラックスできます。

広縁

広縁


波の音も心地よく、穏やかな気分になりました。各部屋には太宰治の小説「斜陽」が用意されていますので、読書をして文豪の世界に浸るのも良いかもしれません。

色浴衣

女性は色浴衣を選べます

アニメ主人公の実家の題材に

また、近年の安田屋旅館は、アニメ「ラブライブ! サンシャイン!!」の聖地として、注目されています。2016年に放送が開始された「ラブライブ! サンシャイン!!」は沼津市内浦にある架空の高校を舞台に、主人公の高海千歌(たかみちか)を中心に9人がスクールアイドルを目指す物語。安田屋旅館は主人公の実家のモチーフになったことから、聖地巡礼のスポットとして、多くのファンが訪れるようになりました。ロビーの一角にはアニメファンのためのコーナーが設けられています。

安田屋旅館 ラブライブ

アニメファンのためのコーナー


沼津まちあるきスタンプ

玄関に設置された「沼津まちあるきスタンプ」


太宰治ゆかりの登録有形文化財の宿であり、さらにアニメの聖地というのが、とてもユニークだと思いました。

太宰作品から名付けられた浴室で
三津浜天然・湯の花温泉を楽しむ

安田屋旅館は浴室棟に2つの大浴場と貸切風呂が設けられ、それぞれの名前は太宰治の小説のタイトルから名付けられています。

浴室棟へは雪駄(せった)を履いて、渡り廊下を進んで行きます。

雪駄

浴室棟へは雪駄で


竹林や中庭の植栽などが楽しめ、風情たっぷり。

浴室棟への渡り廊下

浴室棟への渡り廊下


大浴場は1階と2階にあり、男女入替制になります。

浴室案内

浴室案内


まずは取材時に男湯だった2階の浴室へ。明るい雰囲気の脱衣所には脱衣籠と貴重品を入れる鍵付きロッカーが備えられています。洗面台の丸い鏡がレトロで良い感じ。

2階脱衣所

2階の大浴場の脱衣所


円形の鏡

円形の鏡が印象的


内湯は石風呂の「富嶽(ふがく)」。この浴室からは三津浜や淡島、富士山が眺められるロケーションです。

大浴場「富嶽」

2階の大浴場「富嶽」に入る井伊湯種


大きな窓に面した洗い場は開放的です。

洗い場

洗い場


野天風呂「満願」は、内湯から屋外に出て少し階段を下ったところにあります。湯口のそばにお地蔵さまが鎮座していて、思わずほっこり。

野天風呂「満願」

野天風呂「満願」


安田屋旅館 天然温泉

湯口から注がれるのは三津浜天然・湯の花温泉


すべての湯船に注がれているのが三津浜天然・湯の花温泉。アルカリ性単純温泉がやさしく体を包み、疲れた体をときほぐしてくれます。pHは9.2とアルカリ度が高く、メタケイ酸も豊富に含まれた美肌の湯。肌にツルツル感も感じられました。

1階の大浴場「桜桃(おうとう)」では檜風呂が楽しめます。

大浴場「桜桃」

1階の大浴場「桜桃」


野天風呂「思い出」は庭園の中で湯浴みを楽しめる雰囲気。目に映る緑に癒されます。

野天風呂「思い出」

野天風呂「思い出」


大浴場の利用時間は14:00〜23:00。翌朝は早朝の6時に男女入替になり、9:30まで利用できます。

また、大浴場は日帰り温泉の受入もしています。入浴可能時間は12:00~14:00と18:00~20:00です。

貸切風呂「花吹雪」は2階にあり、利用時間は15:00〜23:00。50分 1,000円(税別)で利用できます。

貸切風呂入口

貸切風呂「花吹雪」入口


木の温もりがする落ち着いた雰囲気と樽型の湯船が素敵。予約制のため、ご希望の方はフロントへ。

貸切風呂「花吹雪」

貸切風呂「花吹雪」を楽しむ湯種

太宰ファンもアニメファンも楽しめる!

安田屋旅館では、滞在中の楽しみ方がいろいろあります。太宰治の資料などを展示している「伊豆文庫」を見学しているときに、「面白そう」と思ったのが「古着物体験」でした。

古着物体験案内

古着物体験は着用の方1人30分500円


レトロな館内で古着物を着て、文豪気分を味わえるというものです。男性用の着物に帯、羽織、帯の結び方案内の4点を借りて、湯種も太宰治になりきってみました。

古着物体験セット

古着物体験の4点セット


伊豆文庫でポーズもしっかり決めてみました。なかなかワクワクするものがあり、インスタ映えはもちろん、楽しい思い出になると思います。

太宰治になりきる湯種

太宰治になりきる湯種


また、ラウンジでは入浴や夕食後にちょっとした二次会気分でお酒を楽しむことができます。毎晩、ここでは「ラブライブ! サンシャイン!!」のファン交流会(チャージ料やドリンク代が必要)も開催されているそうです。メニューには「ラブライブ! サンシャイン!!」をイメージしたカクテルもありますから、気になる方は要チェックですね。フリードリンクで2時間カラオケ付きもあり、飲んで語って歌って盛り上がることができます。気軽にスタッフまで声をかけてみてください。

ラウンジの利用案内

ラウンジの利用案内

次は安田屋旅館のお食事についてレポートします!

ジャンルで絞り込む