温泉グルメ探訪TOP > 湯種Pick Up > 箱根湯本温泉 養生館 はるのひかり

箱根湯本温泉 養生館 はるのひかり

100%源泉かけ流しと無農薬野菜の逗留湯治宿

2泊以上の連泊での「養生」がテーマ
おひとりさま専用の部屋も!

連泊して100%源泉かけ流しの温泉に浸かり、無農薬野菜を使った玄米菜食中心の食事を楽しみながら身体の内側からリセットできる。そんな宿が箱根湯本にあります。

今回、井伊湯種(いいゆだね)が訪ねたのは箱根湯本の旧東海道に佇む「養生館 はるのひかり」。2015年秋に新装オープンした逗留湯治宿です。

養生館はるのひかり 外観

「養生館 はるのひかり」外観

はるのひかり 玄米菜食

玄米菜食中心の夕食


「はるのひかり」は基本的には2泊以上の連泊制。「養生」がコンセプトのため、何もしない時間をゆっくり過ごしたり、宿の中で何かに集中して打ち込むのに最適です。

「はるのひかり」の玄関ロビーは懐かしい藁葺き屋根。玄関を入ったところに昔ながらのかまどや茶室があります。

はるのひかりエントランス

はるのひかりエントランス


茶室はもともと大正初期に(旧)三井財閥の重鎮、有賀長文氏の別邸として建てられた建物の一部だったそうです。

はるのひかり 茶室

数寄屋大工の木村清兵衛氏によって建てられた茶室

はるのひかり 昔かまど

昔かまど

はるのひかり 石碑

今も庭に残る有賀氏の石碑


チェックイン時に、温かいしょうがシロップ湯のおもてなしがありました。ピリッとしたしょうがの風味とやさしい甘味で、スーっと身体にしみわたるような美味しさです。これは宿のオーナーであり、湯守の米山さんの手づくり。ベースとなるジンジャーシロップにはてんさい糖を用い、身体を温めるためのシナモン入りです。

はるのひかり しょうがシロップ

自家製しょうがシロップ湯

はるのひかり チェックイン

チェックイン・テーブル


玄関ロビーのある母屋と宿泊棟や食事処の建物は分かれていて、中庭の小道を通ります。

はるのひかり 中庭

日本庭園風の中庭

はるのひかり 中庭2

風情のある静かな空間


はるのひかりの客室は全部で14部屋。3タイプの客室を備え、最上階の4階にはおひとりさま専用の客室が3室あります。1人用客室は箱根の旅館ではたいへん珍しいですね。
おひとりさま専用の客室はセミダブルベッドが置かれ、テラスもあります。テレビの脇には書斎があり、書き物をするのにちょうど良い感じ。シンプルながらも1人で快適に過ごせる環境だと思いました。

はるのひかり 1人用客室

木の温もりが感じられるおひとりさま専用の客室。客室ごとに専用のWi−Fiを設置

はるのひかり 書斎

落ち着ける雰囲気の書斎

はるのひかり テラス

テラスがあり、目の前は箱根の山


室内にはロッキングチェアも置かれ、1人でくつろぎたい時にちょうど良い環境が揃っていると思います。

また、はるのひかりでは過度なサービスは控え、原則として滞在中に部屋にお邪魔しない方針とのこと。そのため、和室や定員によって布団はセルフ敷きになります。

和洋室ツインタイプの部屋は6部屋。個室書斎の付いた16畳の部屋でツインベッドが用意されています。定員は4人まで。

はるのひかり 客室B

和洋室ツインタイプの部屋(Bタイプ)

はるのひかり 客室B洋室

ゆったりとしたツインベッド

はるのひかり 個室書斎

デスクランプが備えられた個室書斎でくつろぐ井伊湯種


和室10畳タイプの部屋は5部屋。定員は3人まで。

10畳の和室(Aタイプ)

10畳の和室(Aタイプ)


各客室には空気清浄機が置かれ、クリーンな空気に気配りをされているところに好感を持ちました。また、館内は全面禁煙。喫煙できる場所は屋外に1ヵ所あります。

また、客室ごとに専用のWi−Fiを設置。パソコンの有線LAN接続にも対応しています。

お風呂は100%源泉かけ流しの源泉浴

はるのひかりのお風呂は内湯が2つあり、時間により男女入れ替え制となります。

源泉は2つの混合泉を利用し、泉質はナトリウム-カルシウム硫酸塩・塩化物温泉。加水や加温、循環が一切ない100%源泉かけ流しです。
滞在中に何回も温泉に浸かって養生するわけですから、これはとてもうれしいこと。鮮度にもこだわり、浴槽の中から源泉を注いでいます。

はるのひかり2階の浴室 

2階の浴室(男女入れ替え制)


2階のお風呂は浴槽が3つに仕切られ、ぬる湯、一般的な湯温、熱めのお湯(あつ湯)を用意。自分好みの湯温で身体に負担なく源泉浴を楽しめます。

無色透明のやわらかなお湯に包まれると、心身が解き放たれる感じ。ぬる湯にじっくり浸かっていると、ジワジワと身体が緩んでいきます。

はるのひかり 入浴する湯種

露天風呂はないが、開放的な浴室で3種類の湯温を楽しめる

はるのひかり 浴室の壁

箱根仙石原のススキをモチーフにした壁画が印象的


洗い場には肌にやさしい無添加の石けんやシャンプー・リンスが用意され、身体に良いものへのこだわりが感じられます。
はるのひかり 石けん
また、面白いと思ったのは脱衣所に「お風呂で読める本」が用意されていたこと。読書をしながらの長湯は贅沢なひとときです。
お風呂の中で久々に「万葉集恋歌」や「西行」などを読みました。

はるのひかり 読書

「お風呂で読める本」で読書をしながら源泉浴を満喫


はるのひかり 風呂本

湯水に耐える合成樹脂を使用した「お風呂で読める本」

はるのひかり 2階脱衣所 

2階の浴室の脱衣所。お香が炊かれていました


1階のお風呂は浴槽が2つに仕切られ、あつ湯とぬる湯が楽しめます。

はるのひかり1階の浴室 

1階の浴室 

はるのひかり洗い場

洗い場

はるのひかり 脱衣所

1階の脱衣所。脱衣籠に大きなざるを使用


お湯に浸かったあとはよく温まり、心地よい脱力感を感じることができます。お風呂上がりに、部屋に戻ってロッキングチェアに座ってテレビを見ていたら、気持ちがよくて寝落ちしそうになってしまいました。まだ肌寒い季節でしたので、ブランケットが用意されていたのもうれしかったです。

部屋にこもっているのに飽きたら、館内の談話室へ。窓側に向けてチェアやソファーが備えられ、洗練された静かな空間です。ここでは読書をしたり、セルフサービスによるコーヒーや紅茶を1杯100円で楽しむことができます。

はるのひかり 談話室

談話室


談話室にさまざまな書籍や雑誌が用意され、漫画の本も。一部の書籍は自分の部屋に持ち帰って読むこともできます。

はるのひかり 談話室の書籍

談話室の書籍コーナー

はるのひかり エスプレッソ

エスプレッソマシーンも用意


紅茶は、小田原 如春円(じゅくしゅんえん)のこゆるぎ紅茶が用意されていました。紅茶用の乾燥生姜を入れて飲んでみたら、その美味しさにびっくり。
西湘地区で農薬を使わずに栽培・ブレンドされた紅茶だそうで、普段飲んでいるものと味が明らかに違うのです。どちらかというとコーヒー派の湯種ですが、思わずおかわりをしてしまいました。

はるのひかり 紅茶

談話室に用意された紅茶


→次はお食事についてレポートします!

ジャンルで絞り込む