倉真赤石温泉 静岡県掛川市

掛川市北部の秘境にあるマニアックな日帰り温泉

温泉マニアにはたまらない良泉! 屋上の源泉槽に大興奮

静岡県掛川市北部の山奥にある倉真赤石温泉(くらみあかいしおんせん)を訪ねました。この温泉を知ったのは湯友の湯達入郎(ゆったりはいろう)氏のブログ記事でした。その後、ネットでさらに調べましたが、マニアックな雰囲気で期待が高まります。

この日は倉真温泉(くらみおんせん)から車で向かいました。道がわかりにくく、途中で不安になった頃に「倉真赤石温泉」の案内看板が見えた時はホッとしました。この看板に従って細い林道を登って行きます。

倉真赤石温泉への看板

倉真赤石温泉への看板


倉真赤石温泉は個人所有の山の中にあり、急斜面に沿って建てられた日帰り温泉です。

倉真赤石温泉外観

倉真赤石温泉外観


倉真赤石温泉に到着すると、80歳になるという陽気なご主人が迎えてくれました。

玄関の左側に受付があり、料金を支払います。

倉真赤石温泉 玄関

玄関

宅配用源泉

宅配用源泉も取り扱っているようです


受付の奥には男女別の浴室があります。

脱衣所(男湯)

脱衣所(男湯)

温泉持ち出し禁止

「フロ場から温泉持ち出し禁止」の貼紙


浴室には3人ぐらい入れる源泉かけ流しの浴槽が一つ。源泉の温度が18℃位のため、ボイラーで加温して適温にしています。温めのお湯はうっすらと白濁しており、湯船の中には湯の花が大量に舞っていて、井伊湯種(いいゆだね)好み。

内湯(男湯)

内湯(男湯)


倉真赤石温泉 湯の花

お湯の中に舞う湯の花

倉真赤石温泉 PHメーター

愛用のpHメーターでpH値を測定


泉質は単純硫黄冷鉱泉。アルカリ度の高いお湯はぬるっとした感触です。窓からは山々の景色が楽しめ、絶景です。難を言えば、湯船が浅めなことぐらいでしょうか。

倉真赤石温泉 井伊湯種

倉真赤石温泉を楽しむ井伊湯種。源泉名は「倉真赤石温泉 倉真赤石1号」


ご主人がこの温泉を始めたのは30年位前。40代の時に仕事に活かすため、滝のある9,000坪の土地を購入したそうです。その後、敷地内に長い間放置されていた観音様を発見し祀ったところ、夢のお告げを受け、温泉を堀削。地下700メートルで温泉が出たとのこと。建物の屋上からは木立越しに源泉湧出地が見え、カタカタというボイラーの音が聞こえてきます。

倉真赤石温泉 山

建物から見える山々の景色


温泉成分がこびりついた湯口

倉真赤石温泉 洗い場

洗い場。石けんやシャンプー類はありません


内湯をじっくり楽しんだあとは、湯達入郎氏がレポートしていた、屋上の源泉槽に案内していだきました。屋上には玄関を出て外階段をのぼっていきます。

屋上へは外階段を利用

屋上へは外階段を利用


広々とした屋上にはビニールで覆われたドーム状の謎の物体がありました。下の隙間からのぞいて見ると、そこには湯船が複数置かれていて、どうやら天候が悪いときや女性はこちらの源泉槽に入るようです。手作り感が満載でワクワクしました。

屋上の露天風呂

屋上の露天風呂


湯種用には屋上の傍らにむき出しで置かれたポリバスに直接ホースで源泉を注いでいきます。加温する前の源泉の色はうっすらとしたグリーン。そのときの状況や時間によってグリーン、ブルー、ピンク、白など、5色に変わる珍しい温泉なのだそうです。お湯は30分経つと色が無くなってしまうとのこと。

倉真赤石温泉 源泉

ポリパスに注がれた源泉


冷鉱泉ですが、体感は約28℃位。硫黄臭たっぷりで、さらにシュワシュワの泡付きがあり、マニアにとってはたまらない良泉です。加温をしてしまうとこの泡付きが残念ながら消えてしまうとのこと。希望すればこの源泉浴槽に入れてくれるそうですが、準備もあるため事前に連絡したほうが良いでしょう。

倉真赤石温泉 源泉槽

屋上の源泉槽に入る井伊湯種


倉真赤石温泉 源泉

この泡付きに注目!


この取材を行なったのは2017年12月。湯マニアの湯種にとって、入っている間は大丈夫でしたが、さすがに出ると寒さに震えました。すぐに館内の温かいお風呂に戻り、「いい湯だな」と、ひと心地つきました。

湯上がり後は休憩所へ。ストーブやテレビが置かれ、家庭のリビングスペースにお邪魔しているような雰囲気です。ご主人はこちらにお住まいかと思いきや、毎日近隣の市から車で通ってきていると聞いてびっくり。

倉真赤石温泉 休憩所

休憩所


ここではそばや玉子丼、しし鍋定食などの食事や名物の味付け玉子を楽しめます。箱根大涌谷温泉の黒玉子は有名ですが、倉真赤石温泉は「青玉子」が楽しめるそうですよ。

倉真赤石温泉 メニュー

メニュー

風情ある薪ストーブ

風情ある薪ストーブ


テレビの前にはご主人の手作りの藁細工が飾ってあり、見事な出来映え。鶴と亀と松をモチーフにした縁起物で一年を通じて飾ることができるそうです。室内に飾ってあった源泉湧出口の写真も五色の源泉の色が写っていてスゴいと思いました。

ご主人自慢の藁細工

ご主人自慢の藁細工

源泉写真

色鮮やかな源泉の写真


建物の周辺にはご主人のお孫さんやひ孫さんの誕生を祝って植栽された紅葉が150本。湯種が訪れた時は紅葉のピークを過ぎていましたが、きれいに色づいていました。敷地内の谷底には地元の人しか知らない滝があり、周囲の散策もおすすめです。

倉真赤石温泉 紅葉

実は紅葉の名所

江戸時代の観音様

江戸時代の観音様


また、ネットのブログ記事を拝見していて、気になっていたピエロの人形。建物から少し離れたところにひっそり佇んでいました。

倉真赤石温泉 ピエロ

ピエロにも会えた!


そして最後になりますが、倉真赤石温泉への林道はご主人が幅を広げ、生コンを入れて整備したもの。帰りにその道を通ると、ボランティアの方がお掃除をしてくれていました。とはいえディープな山道ですので、運転には気をつけてください。

より大きな地図で 温泉グルメ探訪 を表示

  • 倉真赤石温泉 静岡県掛川市
  • 住所

    静岡県掛川市倉真赤石5986

    電話

    0537-28-1126

    営業時間

    5月〜9月10:00〜20:00
    10月〜4月 10:30〜20:00

    入浴料金 

    大人1,050円 子供525円
    ※食事等の持ち込みは自由、ゴミ等は持ち帰りをお願いします

    定休日

    年中無休(元日も営業)

    泉質

    単純硫黄冷鉱泉

    pH値

    9.5(温泉分析書)、8.6(実測)

    アクセス

    車: 掛川バイパス西郷ICより約15分。掛川市街からは倉真温泉への道を途中で横に反れ、林道を登る 
    ※道幅が狭いので、車幅の大きな車はご注意ください。

    駐車場

    あり(数台)

    取材日

    2017年12月

ジャンルで絞り込む