沼津市 温泉割烹旅館 翠泉閣

沼津アルプスの麓で、鉄分が強い茶色の温泉に大興奮!

リーズナブルに海の幸を使った料理や
自家源泉「月の湯温泉」を楽しめる隠れ宿!

沼津ICより車で約15分、沼津アルプスの麓にある温泉割烹旅館「翠泉閣」。この辺りは海、水、空気がキレイで、気候にも恵まれている地域です。こちらで楽しめるのは、沼津では珍しい自家源泉の「月の湯温泉」。アポロ11号が月着陸に成功した年(昭和44年)に温泉が出たので「月の湯温泉」と名付けられました。その後、もともと不動産業を営んでいた女将さんが昭和47年頃に旅館を開業し、現在に至ります。

翠泉閣 レトロな看板

レトロな看板がたまらない!

翠泉閣 玄関とロビー

玄関とロビー

旅館は昭和を感じさせるレトロな佇まい。ざっくばらんな女将さんのお人柄と家族的な雰囲気で常連客が多く、リーズナブルな料金で海の幸を使った料理が楽しめる、知る人ぞ知る隠れ宿です。
しかもお風呂は色付き温泉と聞いて、ワクワクする湯種でした。男女別の大浴場があり、岩風呂が2つあります。一方には茶色のお湯が、もう一方には無色のお湯が入っていて、温泉情緒たっぷり。色付き温泉好きにはたまらないものがありますね。以前は映画の撮影にもよく使われていたそうです。

翠泉閣 大浴場

大浴場

翠泉閣 茶色の温泉翠泉閣 珍しい泉質

茶色のお湯の泉質は、含鉄(Ⅱ)-カルシウム・マグネシウム 硫酸塩冷鉱泉。伊豆ではあまり見かけない泉質ですね。カルシウム・マグネシウムイオンを多く含み、鉄分が強いお湯は濃厚で、短時間で身体が温まります。湯上り後も湯冷めしにくく、ポカポカでした。

もう一方の無色透明湯のお風呂は井戸水を沸かしたもの。温泉ではありませんが、心地良かったです。

入浴後は源泉地を見学しました。旅館の裏手の戸を開けると、そこには源泉口が。敷地内とはいえ、あまりにお風呂に近いところに源泉地があったのでびっくり。しかも300メートル位の深さから湧出しているそうです。源泉を汲み上げてPh値を測れば6.17。中性の温泉でした。源泉の温度は21.7℃のため、加温して使用しています。

翠泉閣 源泉チェック

源泉をチェックする井伊湯種

翠泉閣 源泉の場所

源泉の場所


次に5階の客室に案内していただきました。落ち着いた雰囲気の和室6畳の部屋からは、富士山や駿河湾、沼津の街並、「びゅうお」(沼津港大型展望水門)などが見渡せました。「ここから見る富士山は近すぎず遠すぎもせず…上品な感じがします」とスタッフの方。ここからは夕陽や夜景も楽しめるそうです。

翠泉閣客室

5階の客室

翠泉閣 風景

部屋からの風景

また、女将さん自慢のパブハウス「ポンツウ」も要チェック。レトロな空間でカラオケも楽しめますよ〜。

翠泉閣「ポンツウ」

パブハウス「ポンツウ」

翠泉閣 レトロな店内

レトロな店内

また、登山口まで約15分という立地のため、宿泊翌日のお弁当付きなど、3大特典付きの「沼津アルプスを歩く」宿泊プランもおすすめですよ〜。

お風呂は立ち寄り入浴もできますので、事前にお問い合わせを! 特に筋肉痛や足腰に良いそうなので、登山後に入るのも良さそうですね。

より大きな地図で 温泉グルメ探訪 を表示

  • 沼津市 温泉割烹旅館 翠泉閣
  • 住所

    静岡県沼津市下香貫林ノ下2031-5

    電話

    055-932-1325

    宿泊料金

    平日1泊2食付き1人1万円〜(サ込・税別)
    「沼津アルプスを歩く」宿泊プランは1人11,880円~(サ料・消費税込、入湯税150円別)

    日帰り入浴

    1人1,000円
    利用時間は15:00以降
    常時受入体制があるわけではないため、必ず事前に電話を。

    泉質

    含鉄(Ⅱ)-カルシウム・マグネシウム 硫酸塩冷鉱泉

    pH値

    6.17(実測)

    アクセス

    電車の場合、JR三島駅より車で20分またはJR沼津駅より車で10分
    車の場合は、東名沼津ICより約15分。

    駐車場

    あり

    HP

    http://www.j-mn.net/suisenkaku/

    取材時

    2015年1月

ジャンルで絞り込む