ホテル暖香園 伊東温泉

創業は明治22年(1889年)!
楽しみがいっぱいある温泉ホテルです

ボウリングも卓球も温泉も楽しめるお宿です

ホテル暖香園は、伊東駅にも、オレンジビーチ海水浴場にも徒歩で行ける好立地に加えて、ボウリング場まで併設された、楽しさいっぱいのホテルです。もちろん、豊かな湯量を誇る温泉もあって、しかも料金はリーズナブル。まだ伊東駅がなかった明治時代から営業を続けるこの老舗ホテルを、井伊湯種(いいゆだね)の湯友で伊豆の温泉を知りつくすクロちゃんと一緒に訪ねました。

ホテル暖香園入口

ホテル暖香園入口


玄関は、歴史ある大型ホテルとしての重厚感を感じます。夜の雰囲気演出のセンスの良さにも、感心してしまいました。

夜のホテル暖香園入口

夜のホテル暖香園入口


玄関を入ると広々としたロビー空間が迎えてくれます。訪れたのが3月だったため、他の伊東のホテルと同様に、ひな壇が飾ってありました。

ロビー空間

広々としたロビー空間


ロビーのひな壇

ロビーに飾られたひな壇


フロントは、ホテル形式のチェックインカウンターです。正面に掲げられた「暖香園」の書にこのホテルの歴史の重みを感じます。

フロント

フロント


ロビーには、「クラブ」と呼ばれる休憩スペースがあります。宿泊客の待ち合わせスペースとしても活用できるため、グループで外出する際にはとても便利です。今回の取材では、ボウリング場へ行く際に、ここでスタッフと待ち合わせをしました。

休憩スペース

ロビーの休憩スペース


ひな壇

ロビーに飾られたひな壇


飾られた花にも、ちょっとした段差の階段一つにもセンスの良さが見られ、オシャレな雰囲気を感じます

花の演出

オシャレな花の演出


フロントにある階段

フロントにある階段


フロントの奥には、プールのある中庭に面したテラス風の空間があります。外の景観とロビーエリアをつなぐ、とても開放感ある空間です。ちなみに、テラス風に演出するためか、椅子は籐(とう)の椅子を使っていました。

テラス風空間

ロビーのテラス風空間


日が落ちると、中庭はイルミネーションの演出が加わり、とても素敵です。

イルミネーション演出

夜間のイルミネーション演出


ロビーには、自分に似合う浴衣を選ぶコーナーもあります。
浴衣は豊富なバリエーションから、色や柄、サイズが選べるようになっています。
女性には嬉しいサービスですね。

浴衣コーナー

浴衣コーナー


ロビーの脇には、「ウェルカムドリンク」のコーナーもあります。
無料でジュースやコーヒーなどを楽しむことができます。

ウェルカムドリンク

ウェルカムドリンクのコーナー


待合スペースの奧には、ゲストルームがあります。
今回のインタビューに使用させていただきました。

ゲストルーム

ゲストルーム


ロビーには、かなり広いスペースを使った売店があります。

洋服やバッグ、お土産用の地元伊豆や静岡の特産品など、とにかく種類が豊富です。旅行者には嬉しい品揃えです。

洋服やバッグも販売

洋服やバッグも販売しています


お茶関連、季節限定品

お茶関連の商品やお酒、季節限定品のコーナー


お菓子のコーナー

お菓子のコーナー


ジャムやドレッシング

ジャムやドレッシングもあります

2つの大浴場と2つの露天風呂で
豊富な湯量の伊東温泉を楽しめます

ホテル暖香園の温泉は、無色無臭のさらりと肌に優しい泉質。だから、乳幼児や高齢者も安心して入浴できます。

さっそく、湯種とクロちゃんはロビーの横にある男湯に向かいました。

男湯入口

男湯入口


男湯「するが」の入口は、とてもスッキリとしたイメージです。

男湯するがの暖簾

男湯するがの暖簾


暖簾をくぐると広い脱衣所になっています。男性専用のため、すっきりとしたシンプルなイメージです。

男湯脱衣所

男湯脱衣所


男湯の内湯は曲線を活かしたモダンなイメージです。
温泉が吹き出す噴水のような湯口が特徴的です。

男湯するが

男湯するが


男湯するがの湯口

男湯するがの噴水のような湯口


泉質は、ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉(低張性・弱アルカリ性・高温泉)。神経痛や関節痛、冷え性や疲労回復に効果があり、疲れた体を優しくときほぐしてくれます。

ゆったり、のんびり温泉を堪能できるモダンなイメージのお風呂です。

モダンなイメージの男湯

天井のデザインとマッチしたモダンなイメージの男湯


男湯の洗い場

男湯の洗い場


男湯「するが」から外に出ると、露天風呂「やんも」があります。山桃のことを地元では「やんも」と呼ぶそうで、入口には小さな木のふだが掛けられています。

やんもの入口

露天風呂やんもの入口


露天風呂への通路の途中には、ごく浅い温泉の浴槽があります。露天風呂に行く間、足が冷えないように温めてくれます。キメ細かな配慮がとてもいいと感じました。

浅い浴槽

露天風呂への通路にある浅い浴槽


露天風呂の手前側に、この風呂の名前になっている山桃の木があります。

山桃の木

山桃の木(神木)


露天風呂やんも全体

露天風呂やんも全体


「やんも」の湯には、まるで岩に囲まれた細い渓流から注ぐような珍しい湯口があります。野趣あふれる露天風呂演出の大きな要になっていると感じました。

野趣あふれる湯口

野趣あふれる湯口


露天風呂の脇には、「やんも」の湯の由来、意味が書かれた看板があります。日本神話に、日本で唯一神の名を持つ樹木として記載されていることが書かれています。

やんもの湯の由来看板

やんもの湯の由来、意味が書かれた看板


湯種はクロちゃんと一緒に「やんも」の湯を堪能しました。森の中にいるようなこの温泉にゆっくり浸かっていると、とても癒されます。看板に「山桃の周辺にはヒーリングパワーがある」と書かれていて、本当にその効果があるのかもしれないと、二人で実感しました。

湯種とクロちゃん

やんもの湯に癒される湯種とクロちゃん


温泉分析書

温泉分析書


ロビーから宴会場に挟まれた通路を通った先に、女湯の「さがみ」と露天風呂の「うらら」があります。

女湯の案内看板

女湯の案内看板


女湯の「さがみ」は入口からオシャレな演出が始まります。

女湯さがみ入口

女湯さがみ入口


入口から中に入ってすぐの脱衣所も女性に配慮した洗練された空間です。この空間にマッチしたデザインのベビーベッドもあります。

女湯さがみ脱衣所

女湯さがみ脱衣所


脱衣所に続くパウダールームには、化粧がしやすいよう明るい照明が用意されています。男湯と女湯が交代制ではなく、女性専用ならではの気配りです。

パウダールーム

パウダールーム


個別ブース

個別ブース


女性のための気配りグッズも気兼ねなく使えるよう、わかりやく整理して置かれていました。

女性のためのグッズ

女性のためのグッズいろいろ


赤ちゃん用ゆりかご

赤ちゃん用ゆりかご


曲線を活かした明るく開放的な浴槽は、旅を楽しむ女性たちの心を盛り上げてくれそうです。

女湯さがみ全体

女湯さがみ全体


お子さま連れのお客さまのために、赤ちゃん用の洗い桶とお子さま用シートも用意されていました。

お子さま用シート

赤ちゃん用洗い桶とお子さま用シート


女湯さがみ洗い場

女湯さがみ洗い場


アメニティ

アメニティ


「さがみ」の湯の奥に、女性用の露天風呂「うらら」があります。

うらら入口

女性用の露天風呂うらら入口


女性用露天風呂うらら

女性用露天風呂うらら


うららの湯口

うららの湯口

本館の客室はすべて同じ10畳タイプの和室。
落ち着いた雰囲気のリラックスできる素敵なお部屋です

120室ある本館の客室は10畳あり、バス、トイレと窓から景色が眺められるスペースもついて、とても落ち着けるお部屋になっています。

10畳タイプの客室

10畳タイプの客室


客室の洗面台

客室の洗面台

広い庭園の中に温泉浴室つきの離れ客室
「別邸きた岡」があります

ホテル暖香園から歩いて3分の場所にあるのが、離れ客室「きた岡」です。
四季折々の風情が楽しめる広大な敷地の中に、4棟の数寄屋造り浴室付和室があり、特別なお客さまをおもてなしすることを目的としています。

入口の石造りの門柱には、重厚感のある木製の看板で「暖香園別館」の文字。歴史と風格を感じさせます。

ホテル暖香園別館きた岡

ホテル暖香園別館きた岡


入口から続く道を歩いていくと和の庭園の中に離れが見えてきます。

別館の離れに続く通路

別館の離れに続く通路


和の風情に彩られた庭園の中の数寄屋造りの離れは、まさに特別室という雰囲気。

あおいの入口

あおいの入口


暖香園別館の「きた岡」には、広大な日本庭園の中に4つの離れがあります
4つのうちの1つ「あおい」の部屋も、期待を裏切らない上質なイメージです。

あおい12畳の本間

あおい12畳の本間


「あおい」の本間からは、緑に包まれた日本庭園を楽しむことができます。この部屋には、ふすまを隔てて8畳の次の間があり、広々とした和の空間は心からくつろげそうです。

あおいの広縁

あおいの庭に面した広縁


本間から通路を隔てた反対側には、4.5畳の和室とお風呂があります。部屋数も多く、広いため、とても贅沢な客室だと思います。

あおいの廊下

あおいの廊下


「あおい」の部屋風呂は、伊豆石を使った源泉かけ流しの温泉です。

あおいの贅沢な浴室

あおいの贅沢な浴室


「あおい」に続いて、「もみじ」のお部屋も拝見しました。こちらも風情ある佇まいです。

もみじの入口

もみじの入口


「もみじ」は、広々とした玄関が印象的です。美しく磨かれた廊下にも目を奪われます。

もみじの玄関

もみじの玄関


目の前の庭を楽しめる客室には、ゆったりとした時間が流れているようです。
実は、「もみじ」の隣には、「松風」という部屋があり、間の仕切りを取り払うことによって、1つの大きな客室になります。2世帯の宿泊にも最適です。

もみじの10畳の本間

もみじの10畳の本間


伊豆石の温泉

もみじの伊豆石の温泉


次はホテル暖香園のお食事についてレポートします!

ジャンルで絞り込む