温泉グルメ探訪TOP > 南伊豆(下田の温泉など) > 浜辺の宿 濤亭(とうてい) 伊豆下田温泉

浜辺の宿 濤亭(とうてい) 伊豆下田温泉

美しい入田浜の目の前に建つ日本旅館

落ち着いた空間で海の景色と伊豆の味覚を楽しむ

日本屈指の美しさを誇る下田・入田浜。入田浜は国道136号線から少し入ったところにあり、美しい白い砂浜と透明度の高い海が広がる落ち着いた雰囲気の海岸です。入田浜に面して建つのが「浜辺の宿 濤亭(とうてい)」。目の前に白浜が広がる日本旅館はめずらしく、貴重な存在と言えるでしょう。

濤亭 下田・入田浜

下田・入田浜


濤亭外観

濤亭外観


濤亭玄関

玄関からの景色。目の前に入田浜が広がり、ソテツの並木が南国ムードを醸し出しています


玄関を入ると、正面がフロントです。館内のいたるところにさりげなく季節の花が飾られています。

濤亭 フロント

フロント


フロントの左側にはラウンジがあり、海を眺めながら、ゆったりとした時間を過ごせる雰囲気です。

濤亭ラウンジ

洗練されたムードが漂うラウンジ「青葉潮」


館内には絵画が飾られ、その多くは濤亭ゆかりの日本画家・矢谷長治氏の作品。先代が若い頃から矢谷氏と交流があり、作品を収集していたそうです。

濤亭 絵画

ロビーに飾られていた矢谷氏の作品


濤亭のコンセプトは「落ち着いた空間で海の眺めや食事を楽しみ、日頃の忙しさを忘れていただくこと」。すべての客室(全13室)は海側に面しており、「華美なインテリアなど、余計なものを極力避けた空間の中で海の眺めを楽しんでほしい」という想いを反映した客室は、シンプルな造りで、とても居心地がよく、くつろげる雰囲気です。

濤亭 客室からの展望

客室からの展望


濤亭 客室

スタンダードルームの一例。和室11.5畳+広縁+バス・トイレ付き


濤亭 客室2

スイートタイプルーム。10畳+6畳+化粧間+広縁、バス・トイレ付き


濤亭 鏡台

化粧間の鏡台


客室から入田浜を眺めることができるのはもちろん、取材当日は遠くに利島、鵜渡根島(うどねしま)、新島、式根島、神津島などが見えました。年に数回、三宅島が見えることもあるそうです。

濤亭 伊豆諸島

雨が上がったばかりの入田浜。水平線上に伊豆諸島が見えました


チェックイン後、朗らかな客室係の方が持ってきてくれたお茶とところてんをいただきました。ところてんは女将の手作りだそうで、格別の美味しさ。波の音も実に心地良く、海を眺めながら、心身ともに解き放たれていきます。

女将手作りのところてん。きな粉と黒蜜でいただきました

古代檜や伊豆石を用いた湯船で下田温泉を楽しむ

客室でのんびりしたあとは濤亭の温泉へ。濤亭には2つの大浴場があり、夜10時に男女が入れ替わります。

濤亭 大浴場の入口

大浴場の入口に設けられた畳の休憩処


濤亭では下田蓮台寺の源泉を利用しています。大きな伊豆石を用いた湯口から勢いよく注がれた源泉は弱アルカリ性の単純温泉。刺激が少ないやさしいお湯のため、誰でもゆっくり入れると思います。

濤亭 井伊湯種

取材時に男湯だった大浴場に入る井伊湯種(いいゆだね)。古代檜を用いた内湯では檜の香りも心地よい


濤亭 大浴場1

大浴場の窓(右側)は海側に面しています

濤亭 洗い場

自然光の入る洗い場


落ち着いた雰囲気の露天風呂は伊豆石を用いた岩風呂になっています。肩までお湯に浸かり、温まってきたら岩に腰掛けて半身浴をしました。上半身が外気にさらされて実に心地よく、これぞ露天風呂の醍醐味。

伊豆石岩露天風呂

やわらかなお湯と吹く風が心地よい伊豆石岩露天風呂


こちらは取材時に女湯だった大浴場です。こちらの湯船にも古代檜を用いており、木の湯口から源泉が注がれていました。湯船が海側に面した清々しい雰囲気の浴室です。

大浴場2

取材時、女湯だった大浴場


脱衣所

温かい雰囲気の脱衣所はとても清潔


→次は濤亭のお食事についてレポートします!

ジャンルで絞り込む