温泉グルメ探訪TOP > 静岡県中部(梅ヶ島、コンヤ温泉など) > 静岡市梅ヶ島温泉 おゆのふるさと公園

静岡市梅ヶ島温泉 おゆのふるさと公園

普段は閉じられている「源泉洞窟」を見学!

源泉風呂に入りたい気持ちを抑えるのが大変でした!

梅ヶ島温泉を訪れた際に、立ち寄りたいのが「おゆのふるさと公園」。平成11年に市営浴場が移転し、その跡地にできたのがこの公園です。おゆのふるさと公園 橋展望デッキからは梅ヶ島温泉街を一望でき、安倍川沿いに立ち並ぶ宿と、安倍峠に向かう高台に宿があるのがわかります。

おゆのふるさと公園 展望

展望デッキから見た梅ヶ島温泉街

この公園には梅ヶ島温泉の源泉洞窟があり、古くから自然に湧き出し、美人づくり、子づくり、長生きなどにご利益がある「岩風呂」として、親しまれてきました。

おゆのふるさと公園 源泉洞窟

梅ヶ島温泉の源泉洞窟(岩風呂)

現在はここに湧き出ている源泉は静岡市によって管理され、各宿や施設に供給されているそうです。泉質は単純硫黄泉ですが、アルカリ濃度が高く(温泉分析書によればpH9.6)、地元では「濃い温泉」と呼ばれています。

源泉洞窟の入口は厳重に施錠されており、特別公開日をのぞき、普段は中を見ることができません。

今回は梅ヶ島温泉観光組合の組長さん(清香旅館のご主人)にお願いして、特別に見学させていただくことができました。ありがとうございます!!

おゆのふるさと公園 鍵を開ける)

源泉洞窟の入口の鍵を開けてくれた梅ヶ島温泉観光組合の組長さん(清香旅館のご主人)


曇ったガラスの戸を開けると、洞窟内に源泉が満ち満ちており、洞窟の岩肌からポタポタと熱い硫黄泉が滴り落ちています。それは厳かでもあり、神秘的な光景でもあり、お湯に目が釘付けになってしまいました。0246

源泉の温度は38〜39℃位ですから、まさにちょうど良い湯加減です。「そこに温泉が湧いているなら、何がなんでも入ってみたい…」という温泉マニアならではの強い衝動にかられました。

しかし、今は衛生上の観点などから入ることもお湯に触れることもNG。昭和43年頃まではこの岩風呂に入ることができたという、うらやましいお話を聞きながら、かろうじて鼻孔いっぱいに硫黄の香りを流し込むことで我慢した湯種でした。

おゆのふるさと公園 井伊湯種

「この源泉の岩風呂に入りたい…。しかし、硫黄の香りだけでガマンしなくては…」と葛藤する井伊湯種

源泉洞窟のほかには古くからの湯之神社があります。江戸時代に甲州天目山で治療中の良純親王を、3匹の蛇がこの温泉に導き治癒させたことから「三蛇大権現」として奉られてきたと伝えられています。おゆのふるさと公園 湯之神社

源泉洞窟の脇にある湯滝は、温泉の守り滝として奉られているそうです。特に温泉が流れているわけではないようですが、涼しげな水しぶきをあげて落ちていく滝に清々しさを感じました。

おゆのふるさと公園「湯滝」

源泉洞窟の脇に流れるのは「湯滝」

おゆのふるさと公園の広場

公園内の広場ではイベントなどを開催

夜はライトアップがされています。

梅ヶ島温泉の各宿から歩いて5分圏内ですので、ぜひ立ち寄ってみてください。

より大きな地図で 温泉グルメ探訪 を表示

  • 静岡市梅ヶ島温泉 おゆのふるさと公園
  • 住所

    静岡市葵区梅ヶ島5267

    アクセス

    R静岡駅からしずてつジャストライン・梅ヶ島温泉行きに乗車し、「梅ヶ島温泉入口」バス停下車
    新東名静岡I.C.から車で約50分

    駐車場

    なし

    取材日

    2015年4月

ジャンルで絞り込む